トップ

強引な相手にはノーと伝える方法

仕事のストレス解消相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

仕事のストレス解消相談所00

仕事のストレス解消相談所01

仕事のストレス解消相談所02

強引な相手にはノーと伝える方法

以心伝心に頼らない

以心伝心という言葉があります。

自分の考えや気持ちははっきりと言葉にしなくても、表情や雰囲気から感じとってもらえて、分かり合えるはずだと相手に期待する事はありませんか?

日本には言葉で伝えなくても「ツーカーの中」、「以心伝心」などを美徳とし、こうした気持ちで分かり合える人間関係が理想と考える人が多いです。

ですが、社会人にとって、以心伝心を期待するのは間違っています。

なぜなら、以心伝心は、相手が何を考えているのかわかるレベルになるには、かなり親密にならなければ不可能です。

特に職場の場合では、膨大な情報量を処理しなければならないので、相手と親密になる時間はないので、以心伝心が成立しません。

むしろ、現代で以心伝心を期待するのは甘い考えです。

自分は我慢して仕事をしているのだから、相手も我慢してやってくれるはずだと勝手に思い込んでしまい、何も言わずにいると相手はめんどくさい事を嫌がるので任せて帰ることも珍しくありません。

例を上げると、早く帰りたい日に、上司から残業してくれないか?と聞かれた時に「出来なくもないですけど……」と、ちょっと困った表情をして曖昧に頷いてしまう。

また、同僚の面倒な用件を頼まれても、目をそらして「うん、考えてみると……」と返事をするなど、相手の要望に対して「ノー」と断る事がプレッシャーに感じる事はあるはずです。

真面目な方や相手の目を気にしてしまう方などは、こうした態度は精一杯の嫌だとアピールしているつもりで、「わかった、自分でやるから帰っていいよ」と言ってもらいたいのですが、相手からすればちょっと押せばやってくれるなと解釈されているので、強引にやらせようとします。

体育会系の人間は、自分の「意志・主義・主張」を持っているので、「自分の価値観は正しく、相手に対しても強要しても問題ない」と決めつけているので、はっきりと言葉で「今日は予定があるので帰ります」と気持ちを伝えないと伝わりません。

ですがストレートに言いすぎては相手に反感を買い自分が不利になるケースもあります。。

また、相手に伝える事が怖いと感じてしまうのは、自分の意見が否定されたくないという後ろめたい気持ちがあるからです。

ではどう伝えれば相手との関係を崩さなくてよいのかご紹介します。

強引な相手にはノーと伝える方法

冷静な大人な態度で話す

感情で害することなく、冷静で知的な大人の対応が理想です。

第一に、笑顔とアイコンタクトを意識して対応しましょう。

真剣な表情よりも笑顔で対応することで、他人との交渉を有利に進めることが出来ます。

「友好的に話し合いをしたい」とアピールすることができるので、相手の印象を悪くすることはありません。

そして、アイコンタクトも重要です。

アイコンタクトがないと、「後ろめたいことがあるのか?」、「自信がないのか?」と、あなどられます。

相手の目をじっと見続ける必要はなく、相手の上半身を見つける程度でもアイコンタクトは十分です。

目をそらしたり、きょろきょろさせたりすると相手に不信感を与えるので注意が必要です。

気持ちを上手に伝えるコツ

「私」と「疑問文」を組み合わせる事で、ストレートな言い方でなく相手にマイルドに伝える事が出来ます。

例えば、「今日は残業を免除して頂けると、私はうれしいです」、「その用件は、今回は勘弁して頂けると私はうれしいです」といった形で伝えるようにしましょう。

自分の感情を伝える方が、「今日は予定があるので残業は無理です」、「その用件は出来ません」とはっきり言うよりも、相手に対する攻撃性がないので言いやすいです。

そして、疑問文で「よろしいでしょうか?」、「いいかな?」と付け加える事で、相手の感情を出来るだけ刺激せずに伝える事が出来ます。

このように伝えれば、相手も断っているのがわかるので、「それじゃ仕方がないね」と要求を引っ込めてくれます。

よほど性格の悪い人間でない限り、相手が困っているのに無理強いを強制しません。

それでも押してくる相手の対処法

「そんなこと言わないで頼むよ」などと強引に押してきた場合に、気が弱い方ではわかりましたと引き受けてしまいます。

しかし、もうちょっと踏ん張れば帰れそうだなと感じたときは、今度は疑問文を挟まずにちょっと強めにして、同じ内容を繰り返すようにしましょう。

その時に、「すみません。しかし~」、「ごめんなさい、でも~」などの、謝り言葉を入れましょう。

謝る言葉がクッションになって、言葉がスムーズに伝えやすくなります。

「すみません。でも今日は本当に急ぎの要件があるので、残業は免除してもらいたいです」

ごめん、でも今とても忙しいので、今回は勘弁してもらいたいんだ」

といった感じです。

まず、最初に誤っているので心象がよくなり、言葉もストレートにならず相手の印象を悪くしません。

更に誤っている相手に対して怒ろうとする人間は少ないです。

このようにコミュニケーションを取ることで勇気を出して「ノー」と断るようにしましょう。

働いている会社だけに囚われない

今の仕事が気に入らないと言ってすぐに辞められるかと聞かれた場合に辞められる方は非常に少ないです。

そんな事言ったって「生きるためにはお金」を稼ぐ必要があるので、我慢して今の職場ではたらきつづけるしかないじゃないか!という意見もありますが、今の仕事にしがみつくという考え方はストレスに繋がります。

会社の中の価値観が当たり前になり、考え方が会社を中心になる方が非常に多いです。

常に自分の市場価値を客観的に判断して、今の会社に働き続けることが自分にとって良いことなのかを考える必要があります。

転職をすることを前提とすれば、今働いている会社にしがみつく必要がないので、必要に応じて転職するなり、留まるなりすれば良いです。

仕事に何を求めているのかを、自分の中で明確にする必要があります。

「キャリアアップを目指している」、「スキルアップに繋がる仕事」、「やりがいのある仕事で働きたい」、「やりがいなどどうでもよいので人間関係が楽な職場で働きたい」、「休みが多くて定時に帰れる仕事が良い」、「スキルを生かしてフリーランスで生きていきたい」、「自営業や独立したいので勉強できる職場で働きたい」、など様々な理由から仕事を選ぶことが可能です。

他人の目を気にしていては、ストレスが溜まる一方です。

自分の人生や今働いている時間は、とても貴重な時間を会社に投資していると考えれば、他人の目を気にせずに行動できるはずです。

他人はアレコレ文句や愚痴を言ってくるかもしれませんが、その方があなたの人生を支えてくれる人間でもないただの第三者なので気にする必要は全くありません。

自分が納得できる生き方や夢や目標、仕事よりもプライベートを優先したいなどの自分の意志があれば、実現に向かって行動すべきです。

時には失敗するかもしれませんが、失敗を恐れていてはより良い人生を歩むことが出来ません。

現状維持を辞めて、前向きになり行動し続けることがストレスを溜めにくくするコツとなります。

転職サイトランキング

転職サイトや転職エージェントは複数登録することをおすすめします!

一つ転職サイトの情報だけでなく、様々な情報を得ることで選択肢を増やすことが出来ます。

行動する第一歩が出来る人が明るい未来を手に入れることが出来るので、登録を迷ったても行動する決断力がストレスを溜めない為には必要です!

1位 @type

月間ユニークユーザー100万人を超える転職サイト国内最大手!
10 / 10点満点中 )
会員数 135万人 週更新 600件以上
対応エリア 全国 サービス スカウト等
転職サイト総合ランキング第2位の「@type」は、求人紹介の老舗でもある株式会社キャリアデザインセンターが運営している転職支援サイトです。@typeは、月間100万人以上の転職・就職者が転職の際に利用しており、大手からベンチャー企業まで幅広い良質な求人情報を紹介しています。

2位 ジョブセンスリンク

最大10万円の転職お祝い金が魅力の次世代の転職サイト!
9 / 10点満点中 )
会員数 30万人 求人件数 120,000件
対応エリア 全国 特徴 質・量トップ並
転職サイト総合ランキング第3位の「ジョブセンスリンク」です。ジョブセンスリンクは、次世代の転職サイトと呼ばれており、会員登録者数も100万人以上と急激に会員数を増加させています!最大10万円のお祝い金も貰えるので魅力です!

転職エージェントランキング

1位 パソナキャリア

パソナキャリアを利用した方の67.1%以上が年収アップ!
10 / 10点満点中 )
会員数 25万人 求人件数 25,000件
対応エリア 全国 特徴 非公開求人
老舗系転職エージェントとして25万人以上の転職者へ転職支援を行っています。パソナキャリアの求人件数は、25,000社以上と業界トップクラスを誇り、取引実績企業も大手企業を筆頭に16,000社以上と圧倒的な実績を残しています。パソナキャリアの最大の強みは、利用者の3分の2以上が年収アップしているところです!!

2位 DODA

質・量ともにトップクラスの求人数を誇る転職エージェント最大手!
9 / 10点満点中 )
会員数 30万人 求人件数 120,000件
対応エリア 全国 特徴 質・量トップ並
リクルートエージェントに次ぐ知名度があり、求人数・求人件数・転職成功実績も肩を並べるほどの実績を残しています。DODAの最大の特徴は、転職サイトと転職エージェントを併用して利用できるところです。