トップ

仕事のストレスで会社を辞めたい

仕事のストレス解消相談所

サイトマップ お問い合わせ

運営情報

仕事のストレス解消相談所00

仕事のストレス解消相談所01

仕事のストレス解消相談所02

仕事のストレスで会社を辞めたい

仕事で抑えきれないストレスを感じていると危険

職場での人間関係、仕事内容、残業、パワーハラスメント、セクシャルハラスメントなどで、ストレスを抱えている方が、現代社会では非常に多いです。

ストレスを溜め込んだまま、放置していると大変なことになります。

日本人の三大死因とされる病気、すべてにストレスとの因果関係があります。

健康な体を保つためには、ストレスを溜めないことが非常に大切です。

現在働いている会社でストレスを感じている方は、対策を講じないと取り返しのつかないことになります。

ストレスを溜め込んでしまうとどのような症状に見舞われてしまうのかご紹介しますので、当てはまっている方は注意してください。

仕事ストレス症候群

鬱病の初期症状「朝刊シンドローム」とは、朝の朝刊すら読む元気や気力のない状態のことを言います。

ストレスを抱え込み過ぎると鬱病の初期サインともいえる言わば、無気力な状態になります。

夜は眠れない、朝は起きられない、起きたくない、体がだるい、午前中は何もしたくなない、このように鬱病の初期症状が会わられます。

初期の段階では、夕方からは元気になり、食事などもちゃんととれますが、酷くなると、夕方からも元気が出ず、趣味で熱中していたことすら興味を失い本格的な鬱となります。

また、中間管理職で多いのが「サンドイッチ症候群」と言われ、その名の通り上司と部下・アルバイト・お客様と板挟みになる中間管理職の方もストレスを多く溜め込んでいます。 管理職の役割として上司から命令され、部下やお客さんからは職場内の環境を改善しろと意見を吸い上げなければならないので、非常に辛い状態です。

鬱病になりやすい方の特徴

几帳面でまじめな方

責任感が強く、一人で背負い自分だけで解決しようとする方

周りに気を使う方

向上心が高く完璧主義者

規則や秩序を重んじる方

神経質で、周りに流されやすい方

融通が利かない方

感受性ゆかたで、不安や周りの目が気になる方

自分の時間よりも仕事を優先

コンプレックスが強く劣等感を感じやすい方

自分に自信がない方

仕事のストレスで会社を辞めたい

自分は大丈夫だと安易に考えている方も大勢いらっしゃいますが、真面目で几帳面で仕事が良くできる方でも鬱病になりやすいので、当てはまる方は注意が必要です。

鬱病になりにくい方は、ポジティブに物事を考えられ、柔軟に対応できる適応力がある方です。

ストレスを溜め込まず発散させる方や、仕事とプライベートのON・OFFがはっきり分かれている方、も鬱病になりにくいです。

過度な仕事でストレスが溜まる仕事でも、元気で働いている方もいらっしゃいます。

仕事のストレスを抱え込み過ぎてうつ病になる前に、自分の性格を把握し、現状を見つめ直し解決策を考える必要があります。

ストレスに態勢がついていたとしても、ストレスを溜め込んでいてはいつか爆発します。

仕事のストレスを自覚することから始める

仕事でストレスを抱えている現状を把握することが非常に大切です。

会社の上司や同僚に相談したとしてもあなたに頑張れ、もっと頑張れ、逃げずに頑張れと根性論や精神論を言ってくるでしょう。

ストレスの原因となっている会社や上司・同僚は、あなたの力にはなってくれません。

自分の苦しみを相手が理解できるわけがないのです。

病気になり入院したとしても、仕事が出来ない使えないやつだなと思われるのが関の山です。

家族の代わりにあなたを支えてくれる事はないです。

自分自身は、自分で守るしかありません。

ストレスで体調を崩した社員のために会社が環境を変えてくれる事自体非常に稀ですので、職場にあまり期待しすぎないのも必要です。

日本は、仕事に追われるのが当たり前になっています。

仕事でストレスを感じている事を自覚し、「仕事だけがすべてじゃない」と意識を変える必要があります。

定期的に有給休暇を使い、残業をせずに自宅に帰るなど会社にいる時間を少しづつ意識を変化させましょう。

職場でストレスを溜め込んで自殺を考える

仕事のストレスで自作を考えたことがある方は、アンケートで1000人を対象に調査したところ18.9%と約2割の方がいらっしゃいました。

仕事でのプレッシャーでストレスが溜まり、5人に1人の方が考えている上に、自殺を考えた方の60%の方は誰にも相談できず、現状維持のまま過ごしていることがわかりました。

自殺の統計で、日本男性の20~40代の自殺率は世界トップで、特に多い時間帯が月曜の朝5~6時が最も多いです。

仕事が休み明けの出勤時間前に自殺する方が非常に多いのが現状です。

自殺を考えるほど追い込まれている状態で、会社に残る必要は全くありません。

自分の命は、一番大事です。

転職し新しい職場で頑張るのも一つの選択肢です。

職場でストレスを溜め込んで自殺を考える

転職するなら早いタイミングが良い

ストレスが溜まり、体を壊し、精神も削る状態でも執着する仕事などする必要がありません。

ブラック企業の会社環境では、上司も同僚もなんの助けにもなってくれません。

生きていく上で、働かなければならないのなら、精神的に楽で、あなたを必要としてくれる会社に転職した方が良いです。

転職をすることで、給料が下がるかもしれませんし、休日出勤があるかもしれませんが、今現状より良くなるところで働けば、生きる希望が湧いてくるはずです。

転職サイトや転職エージェントを利用すれば、あなたの希望する条件を検索することが出来るので、今働いている会社よりも良い会社を見つけられる可能性が非常に高いです。

職場の人間関係がストレスの原因なら、同業同種の転職をおすすめします。

仕事内容自体にストレスを感じるなら、まったく別業種に転職するのも一つの選択肢です。

年齢に関していえば若ければ若いほど転職には有利になりますが、自分の年齢を理由にあきらめる必要がありません。

一人で抱え込む必要はない

転職する場合、かなりの決心が無ければ進むことが出来ません。

辛いからと言って、一人決めてしまい誰にも相談しないのは非常に危険です。

現状が辛く、退職したいと考えだしたら、家族や友人に相談しましょう。

家族や友人に話辛い内容なら、転職エージェントのキャリアコンサルタントでも無料で相談に乗ってくれるので是非利用しましょう。

家族がいる場合は、転職先を確保してから在職中の仕事を辞めるのが一般的です。

また、今の職場で強いストレスと感じているのなら早期に転職することも必要です。

現在は、インターネットで簡単に仕事を探せるので、転職サイトや転職エージェントを利用すれば、転職活動は一気に進める事が出来ます。

現在あなた自身がわからない、市場価値を客観的に判断してくれるので、自分自身が思っている以上に、スキルも高くキャリアアップ出来る可能性も秘めています。

ストレス源になっている会社は何もしてくれませんし、会社の人間関係でストレスを感じている場合にも、嫌な人間なら何もしてくれません。

自分の将来は自分で進むしかないので、我慢せず行動することが重要です。

働いている会社だけに囚われない

今の仕事が気に入らないと言ってすぐに辞められるかと聞かれた場合に辞められる方は非常に少ないです。

そんな事言ったって「生きるためにはお金」を稼ぐ必要があるので、我慢して今の職場ではたらきつづけるしかないじゃないか!という意見もありますが、今の仕事にしがみつくという考え方はストレスに繋がります。

会社の中の価値観が当たり前になり、考え方が会社を中心になる方が非常に多いです。

常に自分の市場価値を客観的に判断して、今の会社に働き続けることが自分にとって良いことなのかを考える必要があります。

転職をすることを前提とすれば、今働いている会社にしがみつく必要がないので、必要に応じて転職するなり、留まるなりすれば良いです。

仕事に何を求めているのかを、自分の中で明確にする必要があります。

「キャリアアップを目指している」、「スキルアップに繋がる仕事」、「やりがいのある仕事で働きたい」、「やりがいなどどうでもよいので人間関係が楽な職場で働きたい」、「休みが多くて定時に帰れる仕事が良い」、「スキルを生かしてフリーランスで生きていきたい」、「自営業や独立したいので勉強できる職場で働きたい」、など様々な理由から仕事を選ぶことが可能です。

他人の目を気にしていては、ストレスが溜まる一方です。

自分の人生や今働いている時間は、とても貴重な時間を会社に投資していると考えれば、他人の目を気にせずに行動できるはずです。

他人はアレコレ文句や愚痴を言ってくるかもしれませんが、その方があなたの人生を支えてくれる人間でもないただの第三者なので気にする必要は全くありません。

自分が納得できる生き方や夢や目標、仕事よりもプライベートを優先したいなどの自分の意志があれば、実現に向かって行動すべきです。

時には失敗するかもしれませんが、失敗を恐れていてはより良い人生を歩むことが出来ません。

現状維持を辞めて、前向きになり行動し続けることがストレスを溜めにくくするコツとなります。

転職サイトランキング

転職サイトや転職エージェントは複数登録することをおすすめします!

一つ転職サイトの情報だけでなく、様々な情報を得ることで選択肢を増やすことが出来ます。

行動する第一歩が出来る人が明るい未来を手に入れることが出来るので、登録を迷ったても行動する決断力がストレスを溜めない為には必要です!

1位 @type

月間ユニークユーザー100万人を超える転職サイト国内最大手!
10 / 10点満点中 )
会員数 135万人 週更新 600件以上
対応エリア 全国 サービス スカウト等
転職サイト総合ランキング第2位の「@type」は、求人紹介の老舗でもある株式会社キャリアデザインセンターが運営している転職支援サイトです。@typeは、月間100万人以上の転職・就職者が転職の際に利用しており、大手からベンチャー企業まで幅広い良質な求人情報を紹介しています。

2位 ジョブセンスリンク

最大10万円の転職お祝い金が魅力の次世代の転職サイト!
9 / 10点満点中 )
会員数 30万人 求人件数 120,000件
対応エリア 全国 特徴 質・量トップ並
転職サイト総合ランキング第3位の「ジョブセンスリンク」です。ジョブセンスリンクは、次世代の転職サイトと呼ばれており、会員登録者数も100万人以上と急激に会員数を増加させています!最大10万円のお祝い金も貰えるので魅力です!

転職エージェントランキング

1位 パソナキャリア

パソナキャリアを利用した方の67.1%以上が年収アップ!
10 / 10点満点中 )
会員数 25万人 求人件数 25,000件
対応エリア 全国 特徴 非公開求人
老舗系転職エージェントとして25万人以上の転職者へ転職支援を行っています。パソナキャリアの求人件数は、25,000社以上と業界トップクラスを誇り、取引実績企業も大手企業を筆頭に16,000社以上と圧倒的な実績を残しています。パソナキャリアの最大の強みは、利用者の3分の2以上が年収アップしているところです!!

2位 DODA

質・量ともにトップクラスの求人数を誇る転職エージェント最大手!
9 / 10点満点中 )
会員数 30万人 求人件数 120,000件
対応エリア 全国 特徴 質・量トップ並
リクルートエージェントに次ぐ知名度があり、求人数・求人件数・転職成功実績も肩を並べるほどの実績を残しています。DODAの最大の特徴は、転職サイトと転職エージェントを併用して利用できるところです。